コロナ禍の楽観主義

アメリカ在住の元医師が考えるコロナ禍での生活のヒント。日々、重症患者と接触する集中治療医の夫を持ち、感染がなかなか収束していかない社会で、どういうことに気をつけ、何を考えて生活しているのか。コロナ禍の不安といかに向き合い、前向きに生きていく秘訣を語ります。

記事 3 件

著者プロフィール

たなかともこ

たなかともこたなか ともこ

1969年宮城県生まれ、米国ユタ州在住。医師を経て夫の仕事について渡米後主婦に。不動産投資家・ゲストハウスオーナー。 noteで子育ての日常から少し掘り下げた内面のことまで、いろいろな文章を書いています。 「楽観主義と祈りと」でcakesクリエイターコンテスト2020入賞。