日本の山が危ない 登山の経済学

山地が国土面積の6割以上を占める日本で、日本人は古くから山に親しんできた。近年のブームもあり登山というレジャーは国民に広まり、シーズンには有名山岳は老若男女の登山愛好家でごった返す。ところが、その登山を支える構造に今、異変が起きている。 ダイヤモンド編集部・鈴木洋子  ※『週刊ダイヤモンド』2019年10月5日号より転載(肩書・数値など情報は雑誌掲載時のもの)  Image:Yoko Suzuki

記事 7 件

著者プロフィール

週刊ダイヤモンド

週刊ダイヤモンドしゅうかんだいやもんど

2013年に創刊100周年を迎えた『週刊ダイヤモンド』は、書店で一番売れているビジネス誌。昔も今も“ビジネスパーソンのパートナー”として、常に変化する時代をキャッチし、鋭く取材対象に斬り込み、わかりやすく読者にお伝えしてきました。その中から選りすぐりの記事をお届けします。 ※ cakes版では、一部の漢字が簡略体で表記されている場合があります。内容は『週刊ダイヤモンド』本誌の編集当時のものです。 Twitter:@diamondweekly Facebook:http://www.facebook.com/diamondweekly

他の連載