人の心を動かすストーリーの作りかた入門

誰もが発信する時代に、どうやって自分の作品に興味をもってもらい、見る人の心を動かすことができるのでしょうか? 人はどんなストーリーに惹きつけられ、どういう時に感動するのでしょうか? Netflix『全裸監督』はじめ、数々の映画・ドラマプロデュースを手がけてきた著者が、見る人を引き込み、感動を生み出すストーリーの作りかたを解説します。
(連載ページイラスト:Studio-Takeuma)

記事 6 件

著者プロフィール

たちばな やすひと

たちばな やすひとたちばな やすひと

プロデュース会社「Nemeton」代表。東京大学卒業後、有線ブロードネットワークス(現USEN)を経て、2004年にドリマックス・テレビジョン(現TBSスパークル)入社。2018 年に独立。主なプロデュース作品は、『ふたつのスピカ』(NHK 2009 年6 月〜)、『オー・マイ・ジャンプ! 〜少年ジャンプが地球を救う〜』(テレビ東京2018年1月〜)、『マリオ〜AIのゆくえ〜』(NHK-BS 2018年10月)、『全裸監督』(Netflix 2019年8月〜)他。