うちのヤバいだんな

フレンチのお店で出会った現世における最高峰で最後のイケメンは、きもかったーー。著者・大石さちよさんがそんなヤバい夫と出会い、結婚するまでを描いた「うちのヤバいだんな」。幻冬舎×テレビ東京×note「#コミックエッセイ大賞 」大賞受賞作が、大幅加筆でスタートします!!

記事 2 件

著者プロフィール

大石さちよ

大石さちよおおいし さちよ

静岡県富士市出身。金沢美術工芸大学芸術学専攻卒。人形、服、アクセ、陶芸のブランド「cikolata」を主催。13年にはニットの楽しさを表現した『アミモノワンダーランド』(マガジンランド)を出版。今作「うちのヤバいだんな」が始めての商業マンガ作品。