都市と地方をかきまぜる 「食べる通信」の奇跡

東北の農業や漁業の現場を取材したタブロイド紙と、野菜や魚などの生産物をセットで届ける新しいタイプのメディア「東北食べる通信」。その名物編集長が、「都市」と「地方」を切り口に、これからの農業・漁業、地域経済、消費のあり方、情報社会における生き方までを語り尽くした、『都市と地方をかきまぜる』(光文社新書)を、cakes読者に特別公開する――。

記事 3 件

著者プロフィール

高橋博之

高橋博之たかはし ひろゆき

#ポケットマルシェ CEO / #東北食べる通信 初代編集長 / #日本食べる通信リーグ 総大将 / 岩手県議会議員を経て、東日本大震災後の岩手県知事選に出馬し、討死。政界引退し、事業家に転身。2019年2月カンブリア宮殿に討入り。著書に『都市と地方をかきまぜる』、『人口減少社会の未来学』。