会社を使い倒して自由に働く—小野直紀×三浦崇宏対談

広告会社でモノづくりをするという異色のプロジェクトを実現した博報堂・小野直紀さんの著書『会社を使い倒せ!』。刊行を記念して行われたトークイベントの模様を公開します! ゲストにお迎えしたのは、2017年に博報堂から独立し、飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍をされているThe Breakthrough Company GO代表の三浦崇宏さん。博報堂の先輩・後輩でもあるお二人が、会社の「使い倒し方」、これからの時代の働き方を語ってくださいました。cakesにて公開中の本編とあわせてどうぞ!(司会:ブックライター上阪徹)

記事 0 件

著者プロフィール

三浦崇宏

三浦崇宏みうら たかひろ

The Breakthrough Company GO 代表取締役、PR/CreativeDirector 博報堂・TBWA\HAKUHODOを経て2017年独立 『表現を作るのではなく、現象を創るのが仕事』が信条。 日本PR大賞・CampaignASIA Young Achiever of the Year・ADfest・フジサンケイグループ広告大賞・グッドデザイン賞・カンヌライオンズクリエイティビティフェスティバル ゴールド他受賞。ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS イノベーション部門グランプリ/総務大臣賞 受賞。広告やPRの領域を超えて、クリエイティブで企業や社会のあらゆる変革と挑戦を支援する。

小野直紀

小野直紀おの なおき

博報堂monom代表/クリエイティブディレクター/プロダクトデザイナー 1981年生まれ。2008年博報堂入社。広告、空間、インタラクティブと幅広いクリエイティブ領域を経験し、2015年に博報堂社内でプロダクト・イノベーション・チーム「monom」(モノム)を設立。設立から1年でスマホ連動のボタン型スピーカー「Pechat」(ペチャット)を開発し、博報堂初のデジタルデバイス販売事業を立ち上げて話題に。また、手がけたプロダクトが3年連続でグッドデザイン・ベスト100を受賞した。社外ではデザインスタジオ「YOY」(ヨイ)を主宰。その作品はMoMAをはじめ世界中で販売され、国際的なアワードを多数受賞している。2015年より武蔵野美術大学非常勤講師、2018年にはカンヌライオンズのプロダクトデザイン部門審査員を務める。2019年に博報堂が出版する雑誌『広告』の編集長に就任。

他の連載