日本史を動かした歌

独眼竜政宗は歌の天才? 高杉晋作は隠れ西行ファン?  夏目漱石がこの世にたった8首残した歌とは?
歴史を動かすその瞬間、彼らはどんな歌を詠んだのか。
歌を通して、偉人たちの素顔を明らかにする新感覚短歌論『日本史を動かした歌』(田中章義・著)。本書の刊行を記念して、よりすぐりの人物たちのよりすぐりの歌を、特別公開します。
歴史学者も国文学者も知らない、お宝級の歌が見つかるかも!?

記事 5 件

著者プロフィール

田中章義

田中章義たなか あきよし

歌人・作家/元国連WAFUNIF親善大使。1970年、静岡市生まれ。大学1年生のときに第36回角川短歌賞を受賞。在学中から多くの雑誌に執筆・連載を開始。卒業後は、世界各地を旅しながら、ルポルタージュ、紀行文、絵本などを執筆。また、世界各地で詠んだ短歌が英訳され、2001年、世界で8人の国連WAFUNIF親善大使にアジアでただ1人選出。その後、国連環境計画「地球の森プロジェクト」推進委員長、ワールドユースピースサミット平和大使などを務めた。大学で短歌を教えているほか、テレビやラジオの情報番組のコメンテーターとしても活躍中。