230億円稼いだ投資家があの日語ったこと

投資で230億円の資産を築き、「一人の力で日経平均を動かす男」との異名を持つと言われるまでに至った男——それが・cis(しす)さんです。彼の投資哲学が綴られた書籍『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』(KADOKAWA)は、発売後1ヶ月で12万部を突破、SNSでも話題となっています。そんなcisさんの初めてのトークイベント「cisトーク」が2月17日八重洲ブックセンターで開催されました。同イベントでcisさんが語ったことを、その後行ったインタビュー取材の内容もまじえつつ、再構成してお送りしていきます。

記事 5 件

著者プロフィール

cis

cisしす

個人投資家。2018年11月現在、資産約230億円。1979年3月生まれ。大学4年生の2000年夏に口座を開き300万円で株式投資を始める。01年法政大学卒業後、親族が経営する企業に就職。02年デイトレを開始。一時期資産を104万円まで減らすもスタイルを変えてからは勝ち続け、資産6000万円で04年6月に退職。以後専業トレーダーとして04年内に2億円、05年内に30億円弱の資産を築き、トッププレイヤーの仲間入りを果たす。その取引の影響力の大きさから「一人の力で日経平均を動かせる男」とも言われる。