はるな檸檬×ペヤンヌマキ×トミヤマユキコ「自分で自分を幸せにするということ」

資生堂のサイト「ウェブ花椿」で連載中から話題になったはるな檸檬さんのマンガ『ダルちゃん』は、20代のOLが幸せや居場所についての答えを見つけていく作品。女性の生きる道を赤裸々に描く「ブス会*」主宰・ペヤンヌマキさんは2019年2月末に新作を発表されます。今回、マンガ研究者のトミヤマユキコさんにもご参加いただき、女性の幸せついて、創作について、おしゃべりいただきました。

記事 2 件

著者プロフィール

はるな檸檬

はるな檸檬はるな れもん

1983年宮崎県生まれ。漫画家。2010年に宝塚ファンの日常を描いた『ZUCCA×ZUCA』(講談社、全10巻)でデビュー。 他に、自身の読書遍歴を描いた『れもん、よむもん!』、出産体験を描いた『れもん、うむもん!~そして、ママになる~』(以上、新潮社)、宝塚にハマった夫婦愛コミック『タクマとハナコ ある日、夫がヅカヲタに!?』(文藝春秋、全2巻)など。最新刊『ダルちゃん』(小学館、全2巻)が好評発売中。

ペヤンヌマキ

ペヤンヌマキぺやんぬ まき

1976 年、長崎県出身。ブス会*主宰 / 脚本・演出家 /AV監督(ぺヤングマキ名義)。 早稲田大学在学中、三浦大輔主宰の劇団「ポツドール」の旗揚げに参加。AV監督として活動する傍ら、2010年、演劇ユニット「ブス会*」を旗揚げ。以降全ての作品の脚本・演出を担当。現在はフリーの映像ディレクター・脚本家としてテレビドラマなども手がける。

トミヤマユキコ

トミヤマユキコとみやま ゆきこ

1979年秋田県生まれ。ライター、大学講師。早稲田大学法学部、同大大学院文学研究科を経て、2019年4月から東北芸術工科大学芸術学部講師。大学では、少女マンガ研究を中心としたサブカルチャー関連講座を担当。ライターとしては『小説すばる』『yomyom』『エル・グルメ』などで日本の文学・マンガ・フードカルチャーに関する連載を持つ。著書に『40歳までにオシャレになりたい!』(扶桑社)、『大学1年生の歩き方』(共著、左右社)、『パンケーキ・ノート』(リトルモア)がある。

他の連載