PIXAR

ジョブズが自腹で支えていた赤字時代、『トイ・ストーリー』のメガヒット、 株式公開、ディズニーによる買収……アップルを追放されたスティーブ・ジョブズとともに、小さなスタートアップを大きく育てた真実の物語。
3月14日に発売する『PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話』より特別先行掲載!

記事 0 件

著者プロフィール

ローレンス・レビー

ローレンス・レビーろーれんす れびー

 ロンドン生まれ。インディアナ大学卒、ハーバード・ロースクール修了。  シリコンバレーの弁護士から会社経営に転じたあと、1994年、スティーブ・ジョブズ自身から声をかけられ、ピクサー・アニメーション・スタジオの最高財務責任者(CFO)兼社長室メンバーに転進。ピクサーでは事業戦略の策定とIPOの実現を担当し、赤字のグラフィックス会社だったピクサーを数十億ドル規模のエンターテイメントスタジオへと変身させた。のちにピクサーの取締役にも就任している。  その後、会社員生活に終止符を打ち、東洋哲学と瞑想を学ぶとともに、それが現代社会とどう関係するのかを追求する生活に入った。いまは、このテーマについて文章を書いたり教えたりしている。また、そのために、ジュニパー基金(www.juniperpath.org)を立ちあげ、創設者のひとりとして積極的に活動を展開している。  カリフォルニア州パロアルト在住。いまは妻のヒラリーとふたり暮らしである。 写真:Cristina Taccome TO PIXAR AND BEYOND by Lawrence Levy Copyright from Lawrence Levy c/o McCormick Literary arranged through The English Agency(Japan)Ltd.

井口耕二

井口耕二いのくち こうじ

 1959年生まれ。東京大学工学部卒、米国オハイオ州立大学大学院修士課程修了。大手石油会社勤務を経て、1998年に技術・実務翻訳者として独立。翻訳活動のかたわら、プロ翻訳者の情報交換サイト、翻訳フォーラムを友人と共同で主宰するなど多方面で活躍している。  主な訳書に『スティーブ・ジョブズ I・II』(講談社)、『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』、『UPSTARTS UberとAirbnbはケタ違いの成功をこう手に入れた』(日経BP社)、『アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝』(ダイヤモンド社)、『本物の大富豪が教える金持ちになるためのすべて』(文響社)などがある。