これからの「会社で働く」ということ—小野直紀×尾原和啓対談

広告会社でモノづくりをするという異色のプロジェクトを実現した博報堂の小野直紀さんの著書『会社を使い倒せ!』。発売を記念し、紀伊國屋書店大手町ビル店さんにて『どこでも誰とでも働ける』などの著書で知られるIT批評家の尾原和啓さんとのトークイベントが行われました。尾原さんはバリ島のご自宅からリモートロボでのご登壇! 司会はブックライターの上阪徹さんです。cakesにて公開中の本編とあわせてどうぞ!

記事 0 件

著者プロフィール

小野直紀

小野直紀おの なおき

博報堂monom代表/クリエイティブディレクター/プロダクトデザイナー 1981年生まれ。2008年博報堂入社。広告、空間、インタラクティブと幅広いクリエイティブ領域を経験し、2015年に博報堂社内でプロダクト・イノベーション・チーム「monom」(モノム)を設立。設立から1年でスマホ連動のボタン型スピーカー「Pechat」(ペチャット)を開発し、博報堂初のデジタルデバイス販売事業を立ち上げて話題に。また、手がけたプロダクトが3年連続でグッドデザイン・ベスト100を受賞した。社外ではデザインスタジオ「YOY」(ヨイ)を主宰。その作品はMoMAをはじめ世界中で販売され、国際的なアワードを多数受賞している。2015年より武蔵野美術大学非常勤講師、2018年にはカンヌライオンズのプロダクトデザイン部門審査員を務める。2019年に博報堂が出版する雑誌『広告』の編集長に就任。

尾原和啓

尾原和啓おばら かずひろ

IT批評家、藤原投資顧問書生。京都大学院で人工知能を研究。マッキンゼー、Google、iモード、楽天執行役員、2回のリクルートなど事業立上げ・投資を専門とし、経産省対外通商政策委員、産業総合研究所人工知能センターアドバイザー等を歴任。現在13職目、シンガポール・バリ島をベースに人・事業を紡いでいる。ボランティアでTED日本オーディション、Burning Japanに従事するなど、西海岸文化事情にも詳しい。著書に『モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書』『どこでも誰とでも働ける―12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール』など。

他の連載