今週の「いだてん」噺

近現代を扱ったNHK大河ドラマとしては33年ぶりとなる「いだてん〜東京オリムピック噺〜」。伝説の朝ドラ「あまちゃん」と同じ制作チーム(脚本・宮藤官九郎、音楽・大友良英、演出・井上剛)が、今度は日本人初のオリンピック選手・金栗四三と、64年の東京オリンピック招致に携わった政治家・田畑政治を軸に日本の近現代史を描き出す。『今日の「あまちゃん」から』『二つの「この世界の片隅に」』でも知られる細馬宏通が全噺レビュー。

記事 43 件

著者プロフィール

細馬宏通

細馬宏通ほそま ひろみち

1960年、兵庫県生まれ。早稲田大学文学学術院文化構想学部教授(表象メディア論系)。日常会話における身体動作の研究を行うかたわら、マンガ、アニメーションなど19世紀以降の視聴覚文化にも関心を寄せている。著書に『二つの「この世界の片隅に」』(青土社)、『介護するからだ』(医学書院)、『うたのしくみ』(ぴあ)、『ミッキーはなぜ口笛を吹くか』(新潮選書)、『今日の「あまちゃん」から』(河出書房新社)、『絵はがきの時代』『浅草十二階』(ともに青土社)など。