女が生きるのは病のようなものでもある

坂本龍一、大貫妙子らから賛辞を送られる音楽家であり、ノンフィクション等の著書も多数持つ文筆家でもある寺尾紗穂さん。大学在学中にAV女優デビュー、日本経新聞社勤務後、夜働く女性たちに関するエッセイや、恋愛・セックスのコラムを執筆する作家の鈴木涼美さん。寺尾さんのこれまでの集大成となるエッセイ集『彗星の孤独』(スタンド・ブックス)の刊行を記念し、同書に帯コメントを寄せた鈴木さんとの初顔合わせ対談!

記事 4 件

著者プロフィール

寺尾紗穂

寺尾紗穂てらお さほ

音楽家、文筆家。1981年11月7日生まれ。東京出身。2007年ピアノ弾き語りによるアルバム『御身onmi』が各方面で話題になり、坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。ソロアルバム『愛し、日々』『御身onmi』『風はびゅうびゅう』『愛の秘密』『残照』『青い夜のさよなら』『楕円の夢』『私の好きなわらべうた』『たよりないもののために』をリリース。並行して伊賀航、あだち麗三郎と結成したバンド「冬にわかれて」の始動、坂口恭平バンドにも参加。映画の主題歌提供、 CM音楽制作やナレーション、エッセイやルポの執筆など、活動は多岐にわたる。新聞、ウェブなどで連載を持ち、朝日新聞書評委員も務める。著書に『評伝 川島芳子』『愛し、日々』『原発労働者』『南洋と私』『あのころのパラオをさがして 日本統治下の南洋を生きた人々』、編著書に『音楽のまわり』がある。

鈴木涼美

鈴木涼美すずき すずみ

作家・社会学者。 1983年、東京都生まれ。慶應義塾大学在学中にAVデビュー。東京大学大学院修士課程修了後、日本経済新聞社に5年半勤務した。 著書に『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』(青土社)、『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』『愛と子宮に花束を 夜のオネエサンの母娘論』(幻冬舎)、『おじさんメモリアル』(扶桑社)、『オンナの値段』(講談社)がある。

他の連載