スープ・レッスン特別編】ひとり暮らしの女性のための料理—有賀薫×新井見枝香

遅い帰宅時間、手狭なキッチン、一人では余らせてしまう食材など、忙しい勤め人を料理から遠ざける理由はたくさんあります。それでも、ちょっとした工夫で料理を始められれば、毎日の生活がもっと楽に楽しくなるはず。 新刊『スープ・レッスン』を上梓した有賀薫さんが、一人暮らしの女性のためのお料理教室を開きました! 生徒は『本屋の新井』三省堂書店のカリスマ書店員、新井見枝香さんです。

記事 2 件

著者プロフィール

新井見枝香

新井見枝香あらい みえか

三省堂書店神保町本店で、文庫とくいしんぼうを担当。休日は漫画喫茶のリクライニングシートで、あえて持参した小説を読み耽る。5時間パックで2冊が定番。小腹が減ったら、食べ放題のソフトクリームがあるなんて、天国?と思っている。 Twitter:@honya_arai

有賀薫

有賀薫ありが かおる

スープ作家。1964年生まれ、東京出身。ライター業のかたわら、家族の朝食に作り始めたスープが2018年5月時点で約2300日以上になる。スープの実験イベント“スープ・ラボ“はじめ、スープをテーマにしたイベントを多数開催。著書に『365日のめざましスープ』『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』。 note.mu/kaorun

他の連載