平成が終わる前にアイドルダンスを振り返るプロジェクト B面 対談

ときにアイドルの魅力を引き出し、ときに魅力そのものにもなった「アイドルダンス」を、平成という時代を一区切りとしてまとめるプロジェクト。その対談編です。平成期から活躍している振付師のみなさんから、竹中夏海さんが「アイドルダンス」にまつわる様々な証言を集めていきます。

記事 4 件

著者プロフィール

竹中夏海

竹中夏海たけなか なつみ

1984年生まれ、埼玉県出身。2007年、日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。HKT48、NGT48などの大型グループからPASSPO☆、アップアップガールズ(仮)などの実力派ライブアイドルまで、担当したアイドルは300人にも及ぶ。ほかにも藤井隆やヒム子(バナナマン 日村勇紀)、スーパーJ POPユニット・ONIGAWARAなど、性別や年齢を問わずアーティストの“アイドル性”を引き出すことに定評がある。自身のアイドル愛に溢れる視点を生かし、数々のアイドルダンス連載を持ち、「ラストアイドル」(テレビ朝日)の審査員も務めている。cakesではなでksジャパンのメンバーとして、「なでksジャパンはいつもこうだ…。」「なでksジャパンのアイドル桜梅桃李」を連載。著書に『IDOL DANCE!!!〜歌って踊るカワイイ女の子がいる限り、世界は楽しい〜』などがある。公私共にアイドルに特化したコレオグラファー。 Twitter:@tknkntm note:https://takenakanatsumi.com/

他の連載