障害マストゴーオン!

脳性まひ者の福本千夏さん。
50歳にして就職して、さまざまな健常者と関わる中で、感じた溝を語ります。

記事 14 件

著者プロフィール

福本千夏

福本千夏ふくもと ちなつ

福本千夏(ふくもと ちなつ) 1962年生まれ。動物界ヒト科、脳性まひアテトーゼ型。寝ている間以外、どこかしらの筋肉を緊張させている。手足の動きとハスキー漏れボイスが独特。好奇心と人に恵まれ、幼稚園から大学まで普通校で学ぶ。 独り暮らし、結婚、子育てをし、平凡で幸せな時間をすごす。2008年、夫(高校教師)が2年間のがんとの共生後死亡。専業主婦を廃業。絶望の中、息子にいのちの根っこを支えられ続け、2012年、地震などで被災した障害者を支援する団体「ゆめ風基金」に入職。現在、人間修行中。