神の遺伝子

“神の遺伝子”をさがす謎の中東系の男と米国人記者に始まる連続殺人事件。若き遺伝子学者・高山菜月は、FBI捜査官の日系人・鈴木とともに二つの謎を追いかけていく。Y染色体ハプロタイプ分析から導かれる人類の歩み。日本古代史の謎。そして救世主とは、神とは何者なのか? 殺害された記者が残した六つの暗号が表すものとは?  究極の伝奇ロマン&暗号ミステリー!

記事 17 件

著者プロフィール

中田力

中田力なかた つとむ

1950年生まれ。東京大学医学部卒業後渡米。カリフォルニア大学、スタンフォード大学で臨床研修を受け、カリフォルニア大学脳神経学教授に就任。1996年にファンクショナルMRIの世界的権威として日本に戻り、文部省学術審議会により中核的研究拠点(COE)のプロジェクト・リーダーに選ばれる。新潟大学統合脳機能研究センターを設立。  臨床医でありながらMRIの開発にも携わる。また、脳の中の水分子から〈脳とこころ〉の秘密を解き明かす「脳の渦理論」を提唱するなど、まさに三刀流の活躍で世界の医学会に貢献した。2018年死去。