大家さんと僕

1階に大家のおばあさん、2階にトホホな芸人の僕(カラテカ・矢部太郎)。一緒に旅行するほど仲良くなった不思議な「2人暮らし」の日々は、もはや「家族」! ? 大切な人をもっと大切にしたくなる、 泣き笑い、奇跡の実話漫画『大家さんと僕』の一部を特別公開します。

記事 3 件

著者プロフィール

矢部太郎

矢部太郎やべ たろう

1977年東京都生まれ。お笑いコンビ「カラテカ」のボケ担当。初めて描いた漫画『大家さんと僕』が第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞し55万部突破のベストセラーになっているが、相変わらずバラエティでは緊張してうまく喋れないのが悩み。最近では、舞台や映画などで俳優としても活動している。父親は絵本作家のやべみつのり。

他の連載