私がひとりで離島を旅するわけ

2011年から、国内の離島をひとりで旅してきた大畠順子さん。
7年間の旅の体験をまとめた『離島ひとり旅』(辰巳出版)の出版を記念して、8月6日に「H.I.S.旅と本と珈琲とOmotesando」で行われたトークイベントの模様を特別公開いたします。

記事 4 件

著者プロフィール

大畠順子

大畠順子おおはた じゅんこ

1983年生まれ。群馬県出身。離島女子ひとり旅の先駆者で、普段はラジオ局に勤務する普通の会社員。 2011年より日本の離島ひとり旅をスタート。週末に気軽に行けるふらっと離島旅から、ガッツリ秘境・異文化を味わうマニアック離島旅まで、様々な離島旅を実践している。これまでに、約40島を旅している。

他の連載