ぽんぽこ書房 小説玉石編集部

連載をまとめた単行本は2019年4月19日発売予定! ワンマン社長が下した突然の休刊宣言。売れない文芸誌に未来はないのか!? 斜陽と呼ばれて久しい出版業界で、若手編集者のコン藤リンは、作家のため、作品のため、読者のためにあらがい走り続ける! 「重版未定」で話題の作者による待望のコミック連載! 隔週水曜日更新予定。(※「小説宝石」(光文社)の人気連載を、cakesでも特別掲載いたします)

記事 18 件

著者プロフィール

川崎昌平

川崎昌平かわさき しょうへい

1981年生まれ。埼玉県出身。東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。作家・編集者、東京工業大学非常勤講師。社会とアートの接合をテーマに活動している。主な著作に『ネットカフェ難民』(幻冬舎)、『若者はなぜ正社員になれないのか』(筑摩書房)、『自殺しないための99の方法』(一迅社)、『はじめての批評』(フィルムアート社)、『小幸福論』(オークラ出版)、『重版未定1〜2』(河出書房新社)、『編プロ☆ガール』(ぶんか社)、『労働者のための漫画の描き方教室』(春秋社)などがある。現在、『ぽんぽこ書房小説玉石編集部』(「小説宝石」、光文社)を連載中。