ダメOLの私が起業して1年で3億円手に入れた方法

田舎出身、女子大卒、貯金なし。DeNAで減給処分を受けたダメOLが、ちょっとの背伸びを繰り返し、起業して1年でM&Aを成功させ、3億円を手にするまで。
明日会社が潰れても、自分で仕事を取れるスキルを身に着けていますか? 会社ではなく、あなた自身に顧客がついていますか? 夢を叶えるために必要なのは、「自分」を魅力的な商品にすること。“わたし”という商品が売れれば、売れない物はないんです!

記事 12 件

著者プロフィール

成井五久実

成井五久実なるい いくみ

株式会社JION代表取締役。起業家。 1987年福島県生まれ。東京女子大学卒。 起業家の父、心理カウンセラーの母の元に生まれ、20歳の頃から起業を志す。新卒で株式会社ディー・エヌ・エーに入社し、デジタル広告営業を経験。その後、トレンダーズ株式会社に転職、100社以上のPR・女性マーケティングを担当する。 2016年、28歳で株式会社JIONを設立。情報サイト運営を通し、立ち上げからわずか5ヵ月で黒字化を達成。会社設立から1年後の2017年、3億円で事業売却(当時の女性起業家最年少・最短・最高額実績)。 現在は、株式会社ベクトルグループ傘下の会社社長を務める傍ら、女性起業家を支援する活動にも従事。自らの経験を伝えることで「全ての女性に夢を叶えてほしい」との思いから、キャリアカウンセリング・コーチングを手がけている。メディア運用や広告をテーマにした講演も全国で開催。今後は、女性のキャリア構築に関するセミナーの主催も予定している。