ブルックリンでジャズを耕す 52歳から始めるひとりビジネス』刊行記念対談

シンガー・ソングライターとして長年脚光を浴びてきた大江千里さんは、47歳のとき単身渡米。音楽大学に通ったのち、ニューヨークを拠点に活動するジャズピアニストへと鮮やかに転身しました。その道のりをつづったnoteでの連載「senri garden ブルックリンでジャズを耕す」が、このたび『ブルックリンでジャズを耕す 52歳から始めるひとりビジネス』として一冊の本に! 一時帰国した大江千里さんに、ニューヨーク生活とジャズへの想いをたっぷりとうかがいました。聞き手は、ピースオブケイク代表加藤貞顕がつとめます。

記事 2 件

著者プロフィール

大江千里

大江千里おおえ せんり

1960年生まれ。1983年にデビュー。2008年ジャズピアニストを目指し、NYのTHE NEW SCHOOL FOR JAZZ AND CONTEMPORARY MUSICへ入学。2012年7月、ジャズピアニストとしてデビュー。2013年には自身が率いるビックバンドで東京JAZZに初参加。2015年春、『9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学』。2016年夏、4枚目にして初の全曲ヴォーカルアルバム『answer july』を発表。現在、ベースとなるNYのみならず、アメリカ各地、南米、ヨーロッパでライブを行いながら、アーティストへの楽曲提供やプロデユース、執筆活動も行なっている。2017年12月、コンピレーションアルバム『「9番目の音を探して」~大江千里のジャズ案内 』をリリース。2018年2月14日にDVD「Answer July~Jazz Song Book~JAPAN TOUR2016」が発売。