追悼】星野仙一さん

2018年1月4日、元プロ野球選手、元監督の星野仙一さんが亡くなられました。「江夏の21球」などで知られる作家の山際淳司さんは、星野さんとも親しく、1988年に中日を率いてリーグ優勝をした際にインタビューを行い、監督・星野仙一の素顔に迫った短編を残しています。山際さんのご遺族の了承のもと、その作品を公開し、勝負に熱く情に厚い星野監督の姿をご紹介することで、星野さんのご冥福をお祈りいたします。

記事 1 件

著者プロフィール

山際淳司

山際淳司やまぎわ じゅんじ

作家。1948年神奈川県生まれ。中央大学法学部卒業後、ライターとして活動。80年「Sports Graphic Number」(文藝春秋)創刊号に掲載された短編ノンフィクション「江夏の21球」で注目を集める。81年同作が収録された『スローカーブを、もう一球』(角川書店)で第8回日本ノンフィクション賞を受賞。NHKのスポーツキャスターとしても活躍。95年5月29日没。著書多数。