名刺ゲーム

家族も部下も切り捨て、人気クイズ番組のプロデューサーまで上り詰めた神田達也。ある夜、息子を人質にとられた神田は謎の男から「名刺ゲーム」への参加を命じられる。だがそれは、人間の本性を剥きだしにしていく《狂気のゲーム》だった――。WOWOW土曜ドラマ化(12月2日(土)スタート)で話題の小説『名刺ゲーム』を集中連載! 放送作家・鈴木おさむがテレビ業界を舞台にサラリーマン社会の悲哀を抉り出す衝撃作。

記事 17 件

著者プロフィール

鈴木おさむ

鈴木おさむすずき おさむ

鈴木おさむ(すずき・おさむ) 放送作家。1972年千葉県生まれ。大学在学中の19才で放送作家デビュー。バラエティを中心に数多くの人気番組の構成を手掛ける。テレビ・ラジオ番組の構成のほか、ドラマや映画の脚本、舞台の作・演出も手がける。2018年には初監督映画「ラブ×ドッグ」公開予定。