日替わり! 宇宙用語図鑑

月曜から土曜の週6日、日替わりで「宇宙用語」をご紹介。イラストがメインの「図鑑」です。「ビッグバン」「惑星と恒星」「自転と公転」などの基本から、ニュースで耳にする「重力波」「暗黒物質」「ニュートリノ」などまで幅広くカバー。2018年に日本で見られる「皆既月食」や、小惑星に到着予定の「はやぶさ2」もバッチリおさえてゆきます!

記事 25 件

著者プロフィール

二間瀬敏史

二間瀬敏史ふたませ としふみ

1953年北海道生まれ。京都産業大学理学部宇宙物理・気象学科教授。京都大学理学部卒業、ウェールズ大学カーディフ校博士課程修了、マックス・プランク天体物理学研究所、米・ワシントン大学研究員などを経て、弘前大学助教授、同教授、東北大学大学院理学研究科教授、2016年から京都産業大学教授、東北大学名誉教授。専門は一般相対性理論、宇宙論。暗黒物質や暗黒エネルギーの重力レンズを用いた観測的・理論的研究に取り組む。著書に『宇宙物理学』(現代物理学「基礎シリーズ」9、朝倉書店)、『シリーズ現代の天文学』(2「宇宙論I」3「宇宙論II」など、共編著、日本評論社)、『ブラックホールに近づいたらどうなるか?』(さくら舎)、『重力で宇宙を見る──重力波と重力レンズが明かす、宇宙はじまりの謎』(河出書房新社)など多数。