夢工場ラムレス

WEAVERのドラマー・河邊徹の作家デビュー作。バンドで作詞を担当してきた河邊の
〝言葉の世界〟をドラムスティックからペンに持ち替え、描いた「夢」をテーマにした長編作。
「夢を修正することにより現実を変えられる」という力を持つ夢工場「ラムレス」。
さまざまな悩みを抱え、その夢工場を訪れた人たちが手に入れたものとは……。
そして人々の夢を司る夢工場の管理人の正体とは……

記事 26 件

著者プロフィール

河邉徹

河邉徹かわべ とおる

1988年6月28日、兵庫県生まれ。関西学院大学 文学部 文化歴史学科 哲学倫理学専修 卒。ピアノ、ドラム、エレクトリック・ベースの3ピースバンド・WEAVERのドラマーとして2009年10月メジャーデビュー。バンドでは作詞を担当。