笑福亭鶴瓶VS明石家さんまを語り尽くす

「スケベ」というキーワードをもとに、芸人・笑福亭鶴瓶の生き方を深く掘り下げたcakes連載「鶴瓶のスケベ学」。これをまとめた『笑福亭鶴瓶論』(新潮新書)の刊行を記念して、著者のてれびのスキマこと戸部田誠さんと、水道橋博士が発行するメールマガジン『メルマ旬報』で「明石家さんまヒストリー」を連載するエムカクさんが語り合いました。司会には同じく『メルマ旬報』で『格闘技を創った男~プロモーター野口修評伝~』を連載中の細田昌志さんを迎え、二人が鶴瓶VSさんまそれぞれの魅力を競うように語り合う、トーク代理戦争の開幕です。

記事 5 件

著者プロフィール

細田昌志

細田昌志ほそだ まさし

1971年生まれ、放送作家。ピン芸人としての活動後、CS放送『サムライTV』でキャスターをつとめたのち放送作家へ転身。担当番組は『5時に夢中!』(東京MX)。主な著書に『坂本龍馬はいなかった』(彩図社刊)。現在『水道橋博士のメルマ旬報』で本格ノンフィクション『格闘技を創った男~プロモーター野口修評伝~』を連載中。10月には新書『ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか』(イーストプレス社刊)を上梓。

エムカク

エムカクえむ かく

福岡県生まれ、大阪府在住のライター。すでに大スターであったさんまさんに興味を抱いたのは、1993年のこと。間もなくして、ラジオ番組『MBSヤングタウン』に出会い、気がつくと、さんまさんが発する言葉を手当たり次第、ノートに書き留める。2013年9月、さんまさんの〝しゃべり〟を元に、約20年かけて集積した資料を総動員させ、『水道橋博士のメルマ旬報』にて、その観察結果「明石家さんまヒストリー」を発表。現在も連載中。

てれびのスキマ(戸部田誠)

てれびのスキマ(戸部田誠)てれびのすきま とべたまこと

1978年生まれ。2015年にいわき市から上京。お笑い、格闘技、ドラマなどを愛する、テレビっ子ライター。別名義は「てれびのスキマ」。『週刊文春』『週刊SPA!』『水道橋博士のメルマ旬報』などで連載中。 新刊は日テレがいかに絶対王者フジテレビを逆転できたのかを描いた『全部やれ。』、主な著書に『笑福亭鶴瓶論』(新潮新書)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)など。

他の連載