トミヤマユキコ×清田隆之(桃山商事)対談「失敗したって、どっこい生きてる」

失敗しろ!転べ!そして立ち上がれ!大丈夫だから!
マニュアルにとらわれず、失敗することを奨励する『大学1年生の歩き方』の著者、トミヤマユキコさん(早稲田大学助教)と清田隆之さん(恋話収集ユニット桃山商事代表)の対談です。

記事 3 件

著者プロフィール

清田隆之(桃山商事)

清田隆之(桃山商事)きよた たかゆき

1980年東京都生まれ。文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。早稲田大学第一文学部卒業。これまで1000人以上の悩み相談に耳を傾け、それをコラムやラジオで紹介している。恋愛とジェンダーの問題を中心に執筆活動を行い、雑誌『anan』『精神看護』『文學界』、ウェブメディア「wezzy」「日経ウーマンオンライン」「朝日新聞&」など幅広いメディアに寄稿。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)、『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)、トミヤマユキコさんとの共著に『大学1年生の歩き方』(左右社)がある。

トミヤマユキコ

トミヤマユキコとみやま ゆきこ

1979年秋田県生まれ。ライター、大学講師。早稲田大学法学部、同大大学院文学研究科を経て、2019年4月から東北芸術工科大学芸術学部講師。大学では、少女マンガ研究を中心としたサブカルチャー関連講座を担当。ライターとしては『小説すばる』『yomyom』『エル・グルメ』などで日本の文学・マンガ・フードカルチャーに関する連載を持つ。著書に『40歳までにオシャレになりたい!』(扶桑社)、『大学1年生の歩き方』(共著、左右社)、『パンケーキ・ノート』(リトルモア)がある。

他の連載