ワイン恐怖症のためのワイン入門

「ワインに興味があるけれど、難しそう」と、ワインに恐怖心を抱いている人は多いのではないでしょうか。そんな人に向けて、「正義は安さにあり」がモットーのワインライター葉山考太郎さんに、ワインの味からレストランや家で飲むときの秘訣を教えていただきます。

記事 8 件

著者プロフィール

葉山考太郎

葉山考太郎はやま こうたろう

シャンパーニュとブルゴーニュとタダ酒を愛するワイン・ライター。ワイン専門誌『ヴィノテーク』等に軽薄短小なコラムを連載。ワインの年間純飲酒量は 400リットルを超える。これにより、2005年、シャンパーニュ騎士団のシュヴァリエを授章。主な著書は、『ワイン道』『シャンパンの教え』『辛口/軽口ワイン辞典』(いずれも、日経BP社)、『偏愛ワイン録』(講談社)、『30分で一生使えるワイン術』(ポプラ社)、訳書は、『ラルース ワイン通のABC』『パリスの審判』(いずれも、日経BP社)。

他の連載