1時間10本勝負! 金曜日のワイン乱れ飲み大会

ワインというと、「難しそう」と思っている人は多いのではないでしょうか。「ピノ・ノワール」「シラー」などたくさんの種類があり、お酒好きなcakes編集部員でも、その味の違いをわかっている人は皆無。そこで、ワインライターの葉山考太郎さんをお招きして、ワイン10種類を飲み比べする会を開催しました。その名も「1時間10本勝負! ワイン乱れ飲み大会」。参加した14名は、果たして味の違いがわかるようになったのでしょうか…? 全3回にわたってお届けします。

記事 3 件

著者プロフィール

葉山考太郎

葉山考太郎はやま こうたろう

シャンパーニュとブルゴーニュとタダ酒を愛するワイン・ライター。ワイン専門誌『ヴィノテーク』等に軽薄短小なコラムを連載。ワインの年間純飲酒量は 400リットルを超える。これにより、2005年、シャンパーニュ騎士団のシュヴァリエを授章。主な著書は、『ワイン道』『シャンパンの教え』『辛口/軽口ワイン辞典』(いずれも、日経BP社)、『偏愛ワイン録』(講談社)、『30分で一生使えるワイン術』(ポプラ社)、訳書は、『ラルース ワイン通のABC』『パリスの審判』(いずれも、日経BP社)。

他の連載