余命2か月といわれた男—小森谷くんが決めたこと

僕、余命2ヶ月って言われたんですよ。でも、生き残っちゃいましたけど――。末期がんを宣告された30代男性の“ありそうでなかった”半生を、「100回泣くこと」の著者・中村航が小説化!

記事 37 件

著者プロフィール

中村航

中村航なかむら こう

1969年岐阜県生まれ。2002年、『リレキショ』で文藝賞を受賞しデビュー。『ぐるぐるまわるすべり台』で野間文芸新人賞を受賞。『100回泣くこと』は累計85万部突破のベストセラーに。近作『トリガール!』が映画化。