江戸を造った男』特別対談—伊東潤×藤野英人 

【『江戸を造った男』重版記念対談】
ファンドマネージャー・藤野英人さんと小説家・伊東潤さんの対談。 藤野さんが河村瑞賢を好きな歴史上の人物に挙げられていて、伊東潤さんが新作『江戸を造った男』で主人公に瑞賢を描いたことがきっかけで、この対談は生まれました。 河村瑞賢評を中心に現在の若者論から能力の伸ばし方、投資、日本経済の未来までジャンルに拘らずに自由にお話ししていただきました。

記事 4 件

著者プロフィール

伊東潤

伊東潤いとう じゅん

伊東潤公式サイト Twitter : @jun_ito_info 1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。『国を蹴った男』(講談社)で「第34回吉川英治文学新人賞」を、『巨鯨の海』(光文社)で「第4回山田風太郎賞」と「第1回高校生直木賞」を、『峠越え』(講談社)で「第回中山義秀文学賞」を、『義烈千秋 天狗党西へ』(新潮社)で「第2回歴史時代作家クラブ賞(作品賞)」を、『黒南風の海――加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』(PHP研究所)で「本屋が選ぶ時代小説大賞2011」を受賞。2016年6月、『天下人の茶』(文藝春秋)で第155回直木賞候補としてノミネートされる。

藤野英人

藤野英人ふじの ひでと

レオス・キャピタルワークス代表取締役社長・最高投資責任者(CIO)。「ひふみ投信」ファンドマネジャー。早稲田大学卒業後、国内外の運用会社で日本株のファンドマネジャーとして活躍。2003年、レオス・キャピタルワークス創業。運用する「ひふみ投信」「ひふみプラス」「ひふみ年金」は、高パフォーマンスをあげ続けている。 ひふみ投信:http://www.rheos.jp/ Twitterアカウント: @fu4

他の連載