最後のダイエット・特別最新版

予防医学研究者である石川善樹さんが、人類史上最大の難問であるダイエットを解き明かした書籍『最後のダイエット』(cakes連載はこちら)。最新の生理学、脳科学、疫学研究、心理学、行動科学などを駆使した内容でしたが、さらに研究を続けていくうちに、新たな発見があったそうです。運動習慣をつくって痩せるのはハードルが高いと思い直したよしきさんがたどりついた「舌痩せ」とは…? 前編、後編でお届けします。

記事 2 件

著者プロフィール

石川善樹

石川善樹いしかわ よしき

予防医学研究者・医学博士。1981年、広島県生まれ。東京大学医学部を経て、米国ハーバード大学公衆衛生大学院修了。現在は株式会社キャンサースキャンおよび株式会社CampusforHの共同創業者。ビジネスパーソン対象の講演や、雑誌、テレビへの出演も多数。NHK「NewsWEB」第3期ネットナビゲーター。著書に『友だちの数で寿命はきまる』(マガジンハウス)、『健康学習のすすめ〈理論編〉』(日本ヘルスサイエンスセンター)がある。

他の連載