東京ノスタルジック百景 シーズン2 ~今見ておきたい昭和の風景

ライター兼編集者として、数々の街歩き取材を重ねてきたフリート横田氏。著書『東京ノスタルジック百景』からのcakes連載が好評を博し、満を持して書き下ろしの連載がスタート。2020年の大イベントを控え、急激に変化しつつある東京。まだわずかに残る昭和の懐かしい面影を追ったルポルタージュを、隔週で連載いたします。

記事 21 件

著者プロフィール

フリート横田

フリート横田ふりーとよこた

文筆家・路地徘徊家。 昭和54年(1979年)築地生まれ、幼少期は江東区東陽、その後は茨城で育つ。出版社勤務を経て、独立後は編集集団「フリート」を立ち上げ、代表取締役を務める。タウン誌の編集長を経験したほか、現在も街歩き系ムックや雑誌の執筆・編集を多数手がける。戦後~高度経済成長期の街並み・路地・酒場・古老の昔話を求め徘徊。著書に『東京ノスタルジック百景―失われつつある昭和の風景を探しに』世界文化社(2017)がある。 Twitter:@fleetyokota