あのこは貴族

東京生まれの華子は、箱入り娘として何不自由なく育ったが、20代後半で彼氏に振られ、初めて人生の岐路に立たされた。焦ってお見合いを重ねた末に、イケメン弁護士「青木幸一郎」と出会う。
一方、東京で働く美紀は地方生まれ。大学時代に上京して慶應に入るも、経済的事情で中退。32歳で恋人ナシ、腐れ縁の「幸一郎」とのダラダラした関係に悩み中。
同じ男をきっかけに、境遇のまったく違う女ふたりが出会って――!? 
アラサー女子たちの葛藤と解放を描く、渾身の長編小説。

記事 41 件

著者プロフィール

山内マリコ

山内マリコやまうち まりこ

1980年、富山県生まれ。2008年に「女による女のためのR-18文学賞」で読者賞を受賞。12年『ここは退屈迎えに来て』で作家デビュー。地方に生きる女子たちのリアリティを見事に描き出し、様々なジャンルのクリエイターから称賛を受ける。主な著作に『アズミ・ハルコは行方不明』『さみしくなったら名前を呼んで』『パリ行ったことないの』『かわいい結婚』など。16年12月に『アズミ・ハルコは行方不明』が蒼井優主演・松井大悟監督で映画化。