ファイナルカレー

日本のカレー界で幅広く活躍する、出張料理ユニット「東京カリ〜番長」の調理主任の水野仁輔さん。これまで作ってきたカレー本は100冊あまり、カレーのために出版社も立ち上げ、たくさんの「おいしいカレー」を究めてきました。その活躍ぶりに、糸井重里さんをして、普通の肩書では足りない、「カレースターである」と言わしめるほど。 この連載では、水野さんがお家で簡単に作れる、最高においしいカレーのレシピ3つ教えてくれることになりました。それが「欧風カレー」と「インドカレー」と……「ファイナルカレー」なのです!

記事 12 件

著者プロフィール

水野仁輔

水野仁輔みずの じんすけ

1974年、静岡県生まれ。5歳の時に地元・浜松市にあったインドカレー専門店「ボンベイ」の味に出会う。以来、小学校、中学校、高校と通いつめた。大学進学で上京してカレー魂に火が付き、都内を中心に食べ歩きをしつつ、インド料理店で働いて経験を積み、基本的なカレーのテクニックを習得。以後はひたすら独学でさまざまなカレーを研究し続けている。     1999年9月に男性8人組の出張料理集団「東京カリ~番長」を結成。調理師免許を取得して全国各地のイベントでカレーのライブクッキングを実施。2008年9月に男性4人組の日印混合インド料理集団「東京スパイス番長」を結成。毎年インドを訪れてインド料理の研鑚を積んでいる。     カレーに特化したコンテンツ創造プロジェクト「イートミー出版」を立ち上げ、現在に至る。カレーに関する著書多数。カレーの活動は、“ビジネス”ではなく“ライフワーク”である、というのが基本スタンス。純粋に面白いと思うことを体験できたり発信できたりする活動に重点を置いている。 カレーに特化したコンテンツ創造プロジェクト「イートミー出版」 マニアックなカレー本やポッドキャストラジオ番組「M響アワー」が人気です。  2016年の春に、本格カレーが作れるスパイスセットを届けるサービス、「AIR SPICE」をスタートしました。

他の連載