ファンシー絵みやげの世界

80年代~90年代初頭。バブル期の日本には「ファンシー」があふれていた…。当時観光地やスキー場などで大量に販売されていた「目と眉毛が離れたかわいいイラスト」「派手なデザイン」「ローマ字表記の日本語」などの特徴を持つ、独特なお土産たち。それらを「ファンシー絵みやげ」と命名し、消滅の危機に瀕するアイテムの保護活動に勤しむ山下メロ院長が、ダサかわいいファンシー絵みやげの魅力と文化的意義を解説します。

記事 4 件

著者プロフィール

山下メロ院長

山下メロ院長やました めろいんちょう

ファンシー絵みやげ研究家。80年代・90年代の庶民風俗を研究。特に観光地のファンシーイラストが描かれたお土産雑貨=「ファンシー絵みやげ」を収集・研究しており、各種メディアで保護を訴えている。訪問した土産店は1500店を超え、所有するファンシー絵みやげは4000種を超える。