母が語る、あたらしい働き方—渡辺由佳里×篠田真貴子対談

日本とアメリカ両国での就業・就学経験があり、子を持つ母でもある、東京糸井重里事務所CFOの篠田真貴子さんと、cakesの人気連載「アメリカはいつも夢見ている」「アメリカ大統領選やじうま観戦記」の渡辺由佳里さん。共通点の多いお二人に、「働くこと」について語っていただきました。仕事と母親業とをこなすなかで実感した、働くことの本質、そして、企業と個人が目指すべき、新しい雇用関係とは? 女性はもちろん、働くすべての人に読んでほしい対談です。

記事 6 件

著者プロフィール

渡辺由佳里

渡辺由佳里わたなべ ゆかり

エッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家。兵庫県生まれ。助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。ブログ「洋書ファンクラブ」は、多くの出版関係者が選書の参考にするほど高い評価を得ている。2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)はベストセラーに。 公式ブログ:http://watanabeyukari.com/

篠田真貴子

篠田真貴子しのだ まきこ

1968年、東京都生まれ。小学1年から4年までを米国で過ごす。慶応義塾大学経済学部卒業後、1991年、日本長期信用銀行(現 新生銀行)に入行。1996年から1999年にかけて、ペンシルバニア大学ウォートン校でMBAを、ジョンズ・ホプキンス大学で国際関係論の修士学位を取得。1998年にマッキンゼー・アンド・カンパニーにインターンで入社し、そのまま社員となる。2002年、ノバルティスファーマに転職。2003年、第1子出産。産休・育休から復帰後、メディカル・ニュートリション事業部の経営企画統括部長に就任。2007年、所属事業部がネスレに買収されたことにより、ネスレニュートリション株式会社に移籍。2007年、第2子出産。2008年から東京糸井重里事務所の取締役CFOに。

他の連載