教室では言えない、高校教師の胸の内

一般企業に就職した後、私立高校で先生をすることになった30代前半の新米教師が、学校内で起こるさまざまな出来事を綴っていきます。教室や職員室での悲喜こもごも、そして生徒の言葉から見えてくる、リアルな教育現場とは?

記事 17 件

著者プロフィール

海老原ヤマト

海老原ヤマトえびはら やまと

30代前半の現役高校教師。独身。某私大卒業後、メディア業界に就職。そこで、風変わりな同僚や業界人に出会い、せまかった世界がぱーっと開けた。職を離れて海外に留学、日本に戻ってから教員免許を取り、2015年から都内私立高で教壇に立つ。先生っぽい顔つきや振る舞いはイヤだ、がモットー。かといって、風変わりを気どるのも、ちょっとね。と、どっちつかずの教師生活をマイペースで送る日々。