漫画家・益田ミリインタビュー「人生を、陰りなく生きるには」

都会暮らしをする独身アラフォー女子を描いた『すーちゃん』シリーズをはじめ、女性の細やかな心情を描き続ける漫画家の益田ミリさん。そんな益田さんが今年新たに書下ろした新作『きみの隣りで』は、森のなかで、自然と触れ合いながら飄々と暮らすアラフォー女性・早川さんが描かれています。益田ミリさんの新たなる代表作との呼び声も高い本作について、ご本人に伺いました。

記事 2 件

著者プロフィール

益田ミリ

益田ミリますだ みり

1969年大阪府生まれ。イラストレーター。 主著に漫画『沢村さん家のこんな毎日』(文藝春秋)、『僕の姉ちゃん』(マガジンハウス)、『お茶の時間』(講談社)など。『すーちゃん』シリーズ(幻冬舎)が2013年に映画化。エッセイに『47都道府県女ひとりで行ってみよう』(幻冬舎)、『そう書いてあった』(ミシマ社)などがある。現在、「週刊文春」「アンアン」「朝日新聞」などで連載中。

他の連載