アテンション—「注目」で人を動かす7つの新戦略

ますます加速する超・情報過多時代。「アテンション(人々の注目)」を制す者が、夢も市場も手に入れる――。元マッシャブルの名物記者で、現在はベンチャー投資家として名だたるシリコンバレー企業に「注目コンサルティング」を行うベン・パーさん。日本でも大きな話題を呼んでいる新刊『アテンション 「注目」で人を動かす7つの新戦略』から、選りすぐりのアドバイスを抜粋連載します。(依田卓巳・依田光江・茂木靖枝=訳)

記事 9 件

著者プロフィール

ベン・パー

ベン・パーべん ぱー

1985年シカゴ生まれ。シリコンバレーの戦略ベンチャーキャピタルDominateFundの共同創業者およびマネージング・パートナー。 本書でも紹介された「長期の注目獲得」にかんする並外れた知見と経験を活かし、投資先の新興テクノロジー企業(uBeam、Shotsなど)にブランディングやメディア戦略などのコンサルティングを行う。 前職はニュースサイトMashable共同編集者。同メディアをCNNやニューヨーク・タイムズを抑えて「ツイッター上の影響力世界第1位メディア」(Klout調べ)に育て上げた。2012年、フォーブスの「世界を変える30歳以下の30人」(30 under 30)に選出。 現在はサンフランシスコ在住だが、筋金入りのシカゴ・ベアーズファン。