1989年のテレビっ子

1989年は『オレたちひょうきん族』が終わり『ガキの使いやあらへんで!!』が始まった年。『ザ・ベストテン』が裏番組の『みなさんのおかげです』に追い落とされた年。“テレビが変わった”1989年を機軸に、お笑い第三世代ほか、多くの芸人とテレビマンのそれぞれの青春時代を膨大な資料から活写した「てれびのスキマ」こと戸部田誠さんによる新刊『1989年のテレビっ子』。その発売を記念して、その一部を特別先行公開いたします。

記事 4 件

著者プロフィール

てれびのスキマ(戸部田誠)

てれびのスキマ(戸部田誠)てれびのすきま とべたまこと

1978年生まれ。2015年にいわき市から上京。お笑い、格闘技、ドラマなどを愛する、テレビっ子ライター。別名義は「てれびのスキマ」。『週刊文春』『週刊SPA!』『水道橋博士のメルマ旬報』などで連載中。 新刊は日テレがいかに絶対王者フジテレビを逆転できたのかを描いた『全部やれ。』、主な著書に『笑福亭鶴瓶論』(新潮新書)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)など。

他の連載