スペシャル再放送】テレビ消灯時間

39歳で亡くなった伝説のコラムニスト、ナンシー関さんの大人気連載「テレビ消灯時間」が1月1日発売の臨時増刊号『週刊文春Woman』で復活します。1993年から『週刊文春』で始まったこの連載で、ナンシーさんはテレビに蔓延する「もやもや」とした違和感の正体をずばっと言い当てていました。その中には再ブレイクした有吉弘行、“ましゃロス”を巻き起こした福山雅治を予言していたかのような分析も。彼女が生きていたら今の世の中をどう読み解くのか。そう思わずにはいられない、名作コラムの数々です。

記事 2 件

著者プロフィール

ナンシー関

ナンシー関なんしー せき

1962年青森県生まれ。84年「ホットドッグ・プレス」でデビュー。92年「CREA」で対談連載を、93年「週刊文春」で「ナンシー関のテレビ消灯時間」を開始。2002年6月12日逝去。