わが家」はネタの宝庫である—渡辺由佳里×紫原明子対談

アメリカ在住のエッセイストであり、翻訳家、洋書レビュアーとしても活躍されている渡辺由佳里さんと、ブロガー、エッセイストの紫原(しはら)明子さん。渡辺さんはアメリカ人の夫と娘との海外暮らし。紫原さんは10年間の結婚生活に終止符を打ち、中学生の息子と小学生の娘と暮らしています。それぞれ、どんな家族観を持っているのでしょうか。cakesでも連載を持つおふたりが、クリスマスを前に「家族」をテーマに語り合いました。

記事 2 件

著者プロフィール

渡辺由佳里

渡辺由佳里わたなべ ゆかり

エッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家。兵庫県生まれ。助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。ブログ「洋書ファンクラブ」は、多くの出版関係者が選書の参考にするほど高い評価を得ている。2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)はベストセラーに。 公式ブログ:http://watanabeyukari.com/

紫原明子

紫原明子しはら あきこ

エッセイスト。1982年福岡県生。高校卒業後、音楽学校在学中に起業家の家入一真氏と結婚。のちに離婚し、現在は2児を育てるシングルマザー。個人ブログ『手の中で膨らむ』が話題となり執筆活動を本格化。エッセイ『家族無計画』(cakes)、『世界は一人の女を受け止められる』(SOLO)を好評連載中。 ブログ 「手の中で膨らむ」

他の連載