総監督として最後の仕事へ

「AKB48とは高橋みなみのことである」と秋元康さんが公言するほど、AKB48の総監督としてリーダーシップを発揮した高橋みなみさん。来年3月に卒業も発表され、AKB48が10周年という節目に、自身の実体験を元に『リーダー論』という新書を上梓します。高橋さんが葛藤しながら身につけた、“まとめる力”そして、“リーダーとしての心得”とは? メンバーへ最後のメッセージとも言える、本書の読みどころをじっくり伺いました。

記事 3 件

著者プロフィール

高橋みなみ

高橋みなみたかはし みなみ

1991 年生まれ。東京都出身。2005 年に AKB48 の第1 期メンバーとして活動開始。2009 年に AKB48・チーム A のキャプテンとなり、2012年には300人以上のメンバーをまとめるAKB48グループ総監督に就任した。AKB48活動10 周年となる 2015 年12 月をめどに AKB48 から卒業し、卒業後はソロ歌手として活動する予定。