太郎は水になりたかった

ドクロみたいな頭をした太郎は中学生。学校で目立つ存在ではありませんが、アサリみたいな頭をしたヤスシという友人にも恵まれ、恋をしたり、部活に励んだり、意味のなさそうなことに意味を見出そうとしながら日常生活を送っています。太郎の父親は喫茶店を営んでいますが何故か母親は家にいません。可笑さと切なさが同居する稀有な作家・大橋裕之が描く、誰にでも平等にあったはずの青春物語。

記事 3 件

著者プロフィール

大橋裕之

大橋裕之おおはし ひろゆき

大橋裕之(おおはし ひろゆき) 漫画家。1980年生まれ。愛知県蒲郡市出身。 単行本「音楽と漫画」(太田出版)、「シティライツ」全3巻(講談社)、 「夏の手」(幻冬舎)、「遠浅の部屋」「ザ・サッカー」(カンゼン)、 「太郎は水になりたかった(1)」(リイド社)発売中。