東大駒場寮物語

ムツゴロウ、野田秀樹、堀江貴文、小池龍之介など様々著名人が巣立った日本最古の大学寮は、著者が入学した93年には廃寮計画が進められていた。寮にまつわる数多の史実を交え描く、筆者たちの実録青春記。

記事 22 件

著者プロフィール

オオスキトモコ

オオスキトモコおおすき ともこ

イラストレーター。1979年、熊本県生まれ。2001年、武蔵野美術大学在学中に、卒業制作として東京大学駒場寮の写真・映像を撮影。大学卒業後、数種のアルバイトを経てイラストの仕事をはじめる。イラストルポと「食」まわり、硬い内容をわかりやすく伝えるイラストレーションが得意。主な仕事に『フィッテ』(学研パブリッシング)連載「危ない食品ホントのところ」 http://fytte.jp/column/ 、『趣味の園芸 やさいの時間』(NHK出版)「プロフェッショナルやさいの流儀」連載など。HP: http://www.sepia.dti.ne.jp/tomo/ 駒場寮の写真集はこちらで購入可能→https://tomoshop.booth.pm/ 写真活動のHP: http://www.sepia.dti.ne.jp/tomo/take/profile.html 写真提供に柴田翔「されどわれらが日々―」(文春文庫)表紙。

松本博文

松本博文まつもと ひろふみ

ルポライター、第132期駒場寮委員長、将棋観戦記者。1973年、山口県生まれ。93年、東京大学に入学し、駒場寮に入寮。東大将棋部に所属し、在学中より将棋書籍の編集に従事。同大学法学部卒業後、名人戦棋譜速報の立ち上げに尽力し、「青葉」の名で中継記者を務め、日本将棋連盟、日本女子プロ将棋協会(LPSA)などのネット中継に携わる。コンピュータ将棋の進化を描いたデビュー作『ルポ電王戦』(NHK出版新書)が話題となり、第27回将棋ペンクラブ大賞(文芸部門)を受賞。近著に『ドキュメント コンピュータ将棋』(角川新書)がある。

他の連載