人生に疲れたらスペイン巡礼

もしあなたが、人生に疲れ、絶望しているのなら? もしくはお金をなるべくかけずに行ける、刺激的な旅先を探しているのなら? 数日間、もしくは数十日間を、個人的な楽しみのために確保できるなら?……迷わずスペイン版“お遍路”である「カミーノ・デ・サンティアゴ」の旅に出かけてほしい! カトリック三大巡礼路のひとつであり、最長800kmの道のりを、世界中から集まった人々が寝食を共にし歩く“人生の夏休み”の旅。 アウトドア・グルメ・建築・そして出会いと、その楽しみ方は人によって様々。この道を3度に渡り踏破した文筆家・小野美由紀さんが、旅の醍醐味をお伝えする新書「人生に疲れたらスペイン巡礼 食べ・飲み・歩く800kmの旅」(光文社新書)から、そのエッセンスを6回に渡り掲載します。

記事 4 件

著者プロフィール

小野美由紀

小野美由紀おの みゆき

文筆家。1985年生まれ。慶応義塾大学フランス文学専攻卒。恋愛や対人関係、家族についてのコラムが人気。2015年2月、デビュー作エッセイ集『傷口から人生。〜メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった』(幻冬舎)を発売。他、絵本『ひかりのりゅう』(絵本塾出版)がある。 Twitter:@MiUKi_None  note:https://note.mu/onomiyuki

他の連載