22,000本の赤字の果てに—ナタリー唐木元インタビュー

月に3000本以上の記事を配信し、ポップカルチャーの情報発信の拠点となっているニュースサイト「ナタリー」。その運営会社「ナターシャ」で取締役を務める唐木元さんが、cakesでも特別掲載中の著書『新しい文章力の教室』を上梓しました。なんでも通称「唐木ゼミ」という、文章を書いた経験がまったくないナタリーの新入社員向けの文章講義がもとになっているとか。現場の経験に裏打ちされた「良い文章を書く技術」について、cakes代表の加藤が、根掘り葉掘り聞いてきました。

記事 3 件

著者プロフィール

唐木元

唐木元からき げん

1974年東京都生まれ。株式会社ナターシャ取締役。大学在学中よりライターとして働き始める。卒業後は事務所「テキストとアイデア」を開設、雑誌を中心に執筆・編集の現場に従事した。2004年より編集者として、ライブドア・パブリッシング、幻冬舎、KI & Company(ジーノ編集部)と3つの出版社に勤務。2008年、株式会社ナターシャに参加し、編集長として「コミックナタリー」「おやつナタリー(終了)」「ナタリーストア」を立ち上げた。

他の連載