健康的にやせるおいしい料理とは?—松嶋啓介×石川善樹

2006年にフランス本国で、外国人シェフとして史上最年少でミシュランの星を獲得した松嶋啓介さんと予防医学研究者である石川善樹さん。友人同士であるお二人に、食事と健康の深い関係についてお話していただきました。なんでもダイエットをしようとするひとの多くが、食事面でつまずくそうです。それは、松嶋さんによれば、味付けの問題が大きいそうで……。「健康的にやせる料理」はどんなものなのでしょうか。

記事 2 件

著者プロフィール

松嶋啓介

松嶋啓介まつしま けいすけ

1977年福岡県生まれ。20歳で渡仏。25歳の誕生日に、ニースに自分の店「Restaurant Kei’s Passion」(現「KEISUKE MATSUSHIMA」)をオープン。開店から3年目、『ミシュラン06年版』で外国人シェフ最年少で一つ星を獲得。以降、10年連続で星を獲得している。09年に「Restaurant‐1」(現「KEISUKE MATSUSHIMA」)を渋谷区神宮前にオープン。10年11月には『2011ミシュランガイド東京 横浜 鎌倉』にて一つ星を獲得。同年7月には、フランス政府より日本人シェフとして初めて、さらに最年少で「フランス芸術文化勲章」を授与される。

石川善樹

石川善樹いしかわ よしき

予防医学研究者・医学博士。1981年、広島県生まれ。東京大学医学部を経て、米国ハーバード大学公衆衛生大学院修了。現在は株式会社キャンサースキャンおよび株式会社CampusforHの共同創業者。ビジネスパーソン対象の講演や、雑誌、テレビへの出演も多数。NHK「NewsWEB」第3期ネットナビゲーター。著書に『友だちの数で寿命はきまる』(マガジンハウス)、『健康学習のすすめ〈理論編〉』(日本ヘルスサイエンスセンター)がある。

他の連載